OmuniContact

新着情報

バージョンアップ情報-2022年8月18日

2022年8月18日バージョンアップ情報一覧

No. 機能区分 画面区分 バージョンアップ情報
1 機能追加 共通処理 システムログにプロセスIDを出力する追加改修
2 仕様変更 SMS一括送信予約 SMS一括送信の予約履歴画面から元の画面に戻るボタンの追加改修
3 不具合対応 項目設定 ラジオボタンの値に半角スペースや特殊記号を設定できないチェックを追加する改修
4 機能追加 画面転送 nodejsサーバーのマルチサーバー対応(画面転送・フォロー依頼)
5 不具合対応 アポ画面 次回アタック日時の登録時に時間プルダウンを現在時刻に最も近い日時にセットする追加改修
6 仕様変更 ダウンロード ダウンロード機能の性能改善
7 追加改修 リスト投入 リスト投入機能で番号重複チェックでサブの電話番号もチェックする仕様変更
8 機能追加 外部不在入電一覧 不在入電(カスコン連携版)に呼び出し時間を表示する追加改修
9 不具合対応 外部不在入電一覧 不在入電(カスコン連携版)のCSVダウンロードできるように追加改修
10 仕様変更 外部不在入電一覧 不在入電(カスコン連携版)で着信番号メモの取得元を変更

 

バージョンアップ詳細

1.システムログにプロセスIDを出力する追加改修

高負荷をかけているユーザーを特定できるよう、ログにプロセスIDを追加で出力できるように対応を行いました。

 

2.SMS一括送信の予約履歴画面から元の画面に戻るボタンの追加改修

SMS一括送信機能のユーザービリティ向上のために、

予約履歴確認画面から呼び出し元画面へ戻る機能の改修を行いました。

 

3.ラジオボタンの値に半角スペースや特殊記号を設定できないチェックを追加する改修

ラジオボタンのVALUE値に半角スペース、半角記号が含まれる場合、

アポ画面でラジオボタンを選択して情報更新を行っても値が保持されない事象が報告されたため、

レイアウト作成機能のラジオボタンの項目設定画面にて、

VALUE値へ半角スペース、半角記号を設定できないようにする追加改修を行いました。

 

4.nodejsサーバーのマルチサーバー対応(画面転送・フォロー依頼)

画面転送とフォロー依頼の場合、複数のNodeJSサーバーを経由すると不安定になることが発覚したため、

マルチサーバー対応を行いました。

 

5.次回アタック日時の登録時に時間プルダウンを現在時刻に最も近い日時にセットする追加改修

アポ画面の次回アタック日時の初期値に最も近い日時を設定する機能の追加改修を行いました。

 

6.ダウンロード機能の性能改善

ダウンロードする際、対象レコードを分割で取得するように改修を行いました。

改修によって、従来よりダウンロードできるレコード数が増えました。(概ね2倍以上)

 

7.リスト投入機能で番号重複チェックでサブの電話番号もチェックする仕様変更

従来のリスト投入機能では既に登録済みの電話番号の重複チェック時に、

電話番号しか重複対象にしていませんでしたが、

基本情報テーブルの電話番号と最新コール履歴テーブルの連絡先1~5までを

重複対象とするように仕様変更を行いました。

また、チェックを検索エンジンにて行うことで性能を維持しております。

 

8.不在入電(カスコン連携版)に呼び出し時間を表示する追加改修

「外部連携:不在入電一覧」画面へ呼び出し時間を表示する項目を追加しました。

 

9.不在入電(カスコン連携版)のCSVダウンロードできるように追加改修

「外部連携:不在入電一覧」画面で不在入電情報をCSVダウンロードできるように追加改修を行いました。

 

10.不在入電(カスコン連携版)で着信番号メモの取得元を変更

「外部連携:不在入電一覧」画面にて着信番号メモをマスタ情報から取得するように追加改修を行いました。