OmuniContact

新着情報

電話番号の頭に0を足したCSVの作り方

「電話番号を入力したいのに最初の0が消えてしまう…」

といったご相談をよくお聞きします。

顧客リストを作成するにあたって最初の0が未表示だと、電話をかける際に混乱したり、顧客データの登録が煩わしくなったりするでしょう。

電話番号として登録する以上、最初の0は何とかして表示させたいものです。

そこで本記事では、電話番号の頭に0を足したCSVの作り方について解説します。

 

ステップ① 列を追加して式で0を挿入する

例えば、A列に電話番号があり、頭0が抜けているといった状況があるとします。

まずはじめに、空いている列(D列)に下記の様に入力します。

=”0″&A2

上の式を入力すると、頭に0が入った電話番号が入力されます。

次に、緑色で囲われたセルの右下の四角にマウスカーソルを合わせます。そうすると、カーソルが十字のマークになります

そのままダブルクリックを行うと、行がある部分まで同じ情報を入力することが可能です

 

ステップ② 値として貼り付けて0を残す

該当セルを選択してコピーし、右クリック、「値として貼り付け」を選択します。

該当セルにカーソルを置いたとき、上部に表示される情報が数字になったら成功です。

作成したほうの電話番号をコピーして、元々あったほうの電話番号列に貼り付けます。

貼り付けが終わったら、移動元のほうの電話番号列(D列)は列ごと削除しておきます。

 

ステップ③ CSVで保存し、念のためメモ帳で確認

これで、リストが完成したので保存します。リボン上部のファイルから、「名前を付けて保存」を選択します。

ファイル名を付けたら、CSV(カンマ区切り)(*.csv)を選択して保存を押します。Excelブック形式ではないので注意してください。

「保存」ボタンを押すと、「この形式でブックを保存しますか?」と表示されますが、「いいえ」を選択してください。

保存先に先ほど付けた名前のファイルがあれば完成です。

最後に、作成したファイルを右クリックし「プログラムから開く」⇒「メモ帳」を選択してください。

メモ帳が無い場合は「別のプログラムを選択」から「メモ帳」を探してください。

メモ帳で開いた際に電話番号の頭の0が表示されていれば問題ありません。

以上、電話番号の頭に0を付けてCSVを保存する方法でした。

この機会にぜひお試しください。